ビジネスチャットなら比較内容を確認【利用したいところ見つかる】

記事一覧

災害時に活躍するシステム

PC操作

社員の安否を迅速に把握

企業等においては業務を円滑に遂行するため、効率的なな管理システムの構築が非常に重要です。ただ、社内管理の重要性は本来業務のみに留まりません。たとえば地震や台風といった大規模な自然災害の発生時においても、社員の現状を迅速かつ的確に管理することは組織にとって大切です。こうしたニーズに応えるのが、安否確認サービスです。安否確認サービスにはさまざまなタイプの製品がありますが、基本的にはメールの一斉送信機能を中心に構成されています。あらかじめ登録しておいた社員のアドレスにあてて安否確認メールを送信することで、電話等で1件ずつ安否確認を行う手間を省きます。プロバイダメール・フリーメール・携帯メールなど1人につき複数のアドレスを登録できる製品もあるので、端末の故障等によってメールが届かなくなってしまうリスクをヘッジすることが可能です。また、メールの送信は管理者が手動で行えるほか、気象庁の緊急地震速報に連動して自動送信したり、一定時間経過しても回答がない場合は自動的に再送信したりできる機能を備えた製品もあります。受信したメールに対して各社員は自らの安否を回答しますが、できるだけ簡単に回答が行えるような工夫がなされています。一般的なのは安否確認メール内に表示されたURLをたどって専用サイトを訪問し、現状を選択肢の中から選ぶというスタイルです。自由回答をテキストで追加できるタイプもあります。回答は自動集計されたうえで、管理者が一覧できるようになっています。